介護保険制度の各種介護サービスを利用するためには、要介護認定を受けた上で、利用される方の希望に沿った、最適な介護サービス計画(ケアプラン)を作成する必要があります。

介護保険に関連する書類申請の代行、ケアプラン作成などの御相談は、併設の居宅介護支援事業所ナイスプランナーK ナイスプランナー九条にて承っております。

介護制度ご利用の手引き

1.申請

介護が必要になったら、御本人もしくは家族の方がお住まいになっている地域の区役所へ申請します。 介護支援専門員(ケアマネージャー)などに申請の代行を依頼することもできます。

2.訪問調査

区の担当機関から訪問調査員が来訪して、御本人の状態の聞き取り調査をします。

3.要介護認定審査

訪問調査の結果とかかりつけ医師の意見書をもとに、要介護認定審査会が介護の必要度を審査します。

4.要介護認定

介護の必要度に応じて、自立、要支援1~2、要介護1~5の認定がなされ、その結果は、申請から30日以内に通知されます。なお、自立と認定された場合は、介護保険は適用されません。

5.介護サービス計画(ケアプラン)作成

上記4の要介護度に応じて、御本人あるいは御本人、御家族の依頼を受けた 介護支援専門員(ケアマネージャー)が具体的な介護サービスの利用計画書を作成いたします。

6.介護サービスの利用

利用できるサービスの量は、要介護度の軽重によって変わります。

介護保険制度で受けられる介護サービスの種類と内容

リンクのあるサービスが日新会でご利用いただけるサービスです

在宅介護

訪問介護(ホームヘルプサービス)

ホームヘルパーが家庭訪問し、食事、排泄、入浴などの介護や身の回りの世話をする。

介護予防訪問介護(介護予防ホームヘルプサービス)

ホームヘルパーが家庭訪問し、ご自分で出来ることが増えるよう、家事などの支援をする。

通所介護(デイサービス)

デイサービスセンターで、入浴、食事の提供、その他の日常生活上の世話や機能訓練をする。

介護予防通所介護(介護予防デイサービス)

デイサービスセンターで、日常生活上の支援などを行うサービスと、その人の目標に合せた運動器の機能向上などのサービスを提供する。

認知症対応型通所介護(認知症対応型デイサービス)

認知機能が低下し、日常生活に支障が生じている方に対して、デイサービスセンターで入浴・食事などを提供し、認知症の改善、社会的孤立感などを解消する。

通所リハビリテーション(デイケア)

理学療法士や作業療法士などが家庭訪問し、日常生活の自立を助けるための機能訓練をする。

短期入所生活介護(ショートステイ)

介護が必要な人を、短期間特別養護老人ホームなどの施設で介護や日常生活の世話をする。

短期入所療養介護(ショートステイ)

老人保健施設などに短期間入所し、医学的管理のもとで介護や機能訓練その他必要な医療、日常生活上の世話をする。

訪問入浴

家庭訪問し、入浴車や浴槽を持ち込んで入浴の介護をする。

訪問看護

看護師や保健師が家庭訪問し、療養上の世話や必要な診療の補助を行う。

居宅療養管理指導

医師、歯科医、薬剤師などが家庭訪問し、療養に関するアドバイスを行う。

福祉用具の貸与

特殊ベッド、車椅子等の貸与や、入浴、排泄等用具の購入費を支給する。

住宅の設備改修費の支給

家庭で手すりの取り付け、段差の解消など小規模な改修費用の一部を支給する。

認知症対応型共同生活介護(認知症高齢者グループホーム)

介護スタッフが交代で常勤し、5~9人の認知症高齢者の入浴、排泄、食事などの日常生活の世話や介護を共同生活で支える。

有料老人ホーム等における介護

有料老人ホーム等に暮らしている要介護者に、入浴、排泄、その他の世話をする。

施設介護

特別養護老人ホーム

常時介護が必要で家庭での生活が困難な場合に入所する施設。

老人保健施設

病状が安定し、リハビリを中心とする医療ケアと介護を必要とする場合に入所する施設。

介護療養型医療施設

長期にわたって療養を必要とする場合に、医学的管理のもとで介護や必要な医療を行う施設。

介護サービスご利用についてのお問い合わせ

ナイスプランナーK:TEL:06-6531-3133
ナイスプランナー九条:TEL:06-6582-5960

ページTOPへ